家事代行は共働き世帯を対象にした商品です。

家事代行の商品を広告やお店などでよく見かけるようになりました。
女性の社会進出の影響で、共働きを継続する世帯が多くなっているからです。
数年前までは、高収入世帯の奥様が家事代行してもらうための商品というイメージがあったはずで、その価値観を持っている、40代後半の女性は、仕事をしながらも家事を頑張るしかないという切実な思いがあります。
家事を誰かに頼むほどの収入ではないと、自分を卑下するか贅沢な欲求かもしれないという不安を持っています。
しかし、このところ店頭や広告に出ている家事代行商品は、換気扇周り、台所、洗面所、浴槽、トイレなど、単体で区切ってあるので、価格が1万円前後から設定してあります。
これだと、その部分は掃除がしにくいからだとか家族の生活様式上汚れがひどいからだとか、旦那さんにも正当な理由を言って、代行することができる良さがあります。
一カ所でいくらと価格が明確なので、2カ所頼むといくらになると計算もしやすく、すべてを頼むわけではないので、できるところは家事をやっていますというアピールもできます。

お部屋のお掃除・片付けやキッチン、バスルームなど水回りのお掃除を代行いたします。

最新投稿